ANAの航空券割引ってどういうのがあるの?

- ANAの航空券割引ってどういうのがあるの?

ANAの航空券割引ってどういうのがあるの?

昔は飛行機は高いものという印象が強かったですが、格安航空券を発売しているところも増えてきて、レガシーキャリアであっても本来の何分の1の値段で航空券を買えるようになりました。
そこで今回はレガシーキャリアであるANAの格安航空券についてお話します。

予定が決まったらすぐ予約

割引がある航空券の中でもとてもメジャーなものとして、早期予約割引があります。
ANAでは「旅割」ですね。
75日前、55日前、45日前、28日前、21日前にそれぞれ予約をすると、早い分割引されるというものです。
旅割75になると、最大で約85%も割り引かれることもあります。
ただし、金額はその時々によって大きく変動しますので、同一区間であっても割引率に差が出ます。
また「旅割」を使うと、基本的に予約の変更はできなくなりますから、スケジュールの管理をしっかり行う必要があります。
何かがあって、キャンセルする場合には、出来るだけ早く連絡するようにしましょう。
キャンセル日が搭乗日の55日前までだと取消手数料はかかりませんが、13日前になると運賃の60%相当が手数料として書かります。

直前でも安い!

急な出張で飛行機を使わないといけないと言うときには、「特割」を使うといいでしょう。
特割は搭乗日の3日前か前日までの予約で、お得になる航空券です。
最大61%の割引がされますが、路線が設定されているため、該当路線以外では使えません。
予約の変更はできませんが、出発前であれば取消手数料が運賃の約5%程度で済みます。
やはり前日予約よりも、3日前の方が割引率は高く設定されていますので、早めに予約することをお勧めします。

年齢次第で当日安くなる!

12歳以上25歳以下であれば「スマートU25」、65歳以上であれば「スマートシニア空割」を利用することが出来ます。
どちらの割引も搭乗日に予約して、飛行機に乗るもので、前日以前に予約することが出来ません。
そのため空席状況次第では、乗りたい日に乗れない可能性もありますが、それなりに手ごろな値段で飛行機に乗ることが出来ます。
搭乗日次第で値段も変わってきますが、特割よりも安くはなりそうです。
また、U25と空割ではU25の方が若干安くなる路線が、多いです。

キャンペーンものぞいてみて

今回紹介したものとは別に、期間限定のキャンペーンを行っていることがあります。
またJALの航空券割引もありますので、色々と活用していきましょう。
中には旅割75よりも割引されるようなものも、あるようですから、どのようなキャンペーンが行われているのかを確認してから、予定を立てるのもいいかもしれませんね。

≪ 前の記事:
: 次の記事 ≫
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 飛行機チケットを安く購入する方法とは?自分の状況に合わせた格安航空券を使おう! All Rights Reserved.