JALの航空券割引は何があるのか

- JALの航空券割引は何があるのか

JALの航空券割引は何があるのか

航空券を安く買うことが出来る格安航空券ですが、今では様々なタイプが出ていますよね。
同じ会社であっても、最近では趣向を凝らしていて、タイミングを見計らって買うことが出来れば、通常料金の半額以下や2割以下で買うこともできます。
そこで今回はJALが販売している格安航空券についてお話します。

早めの予約でお得になる

JALのわかりやすい格安航空券として、あげられるのが「先得」などの早く予約した場合に割り引かれる航空チケットでしょう。
具体的な日数は、「先得」が75日前、55日前、45日前、28日前、「得便割引」が21日前、7日前、3日前、1日前になっています。
どのチケットであっても、予約の変更はできません。
予定をキャンセルするときには、先得の場合一律で運賃の約50%が、得便割引は区間による固定金額が取消手数料として必要になります。
早く予約すればするだけ安くはなりますが、航空券の場合、予約の数や時期などでその都度金額が変わるようですから、75日前に予約した時と28日前に予約した時の差が、1000円程度しか変わらないこともあれば、倍くらい違うこともあります。

22歳未満ならスカイメイト

スカイメイトとは、12歳から22歳未満(2017年4月より26歳未満)の人が利用できる航空券です。
その概要としては、当日空港に行って空席がある時に乗ることが出来るもので、先得ほどの割引は期待できないまでも、通常料金よりはかなり安くなります。
同一区間であっても期間によって、5000円ほど変わってくることがありますから、利用する場合には事前に確認しておいた方が良いでしょう。
また、空席が無かったら乗ることはできませんので、空席の確認も必要です。
似たような割引として、65歳以上であれば「当日シルバー割引」を利用することが出来ます。

JALビジネスきっぷ

仕事で急な変更があっても対応が出来るのが、JALビジネスきっぷです。
上記のものほど安くはなりませんが、当日であっても予約の変更が可能です。
それから2枚つづりで発売されますが、どういう区間であれば往復でも片道2回でも利用できます。
例えば東京・大阪間であれば、東京から大阪に行き大阪から東京に戻ってくる普通の往復チケットとして使えるほか、東京→大阪・東京→大阪という風にも使えます。

自分が使える割引を探してみる

JAL航空券に今回紹介したもの以外にも、期間限定で行っている割引などもあります。
上手く利用すると本当に安く飛行機に乗ることもできますから、一度調べてみてください。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 飛行機チケットを安く購入する方法とは?自分の状況に合わせた格安航空券を使おう! All Rights Reserved.