レガシーキャリアの早期割引ってなに

- レガシーキャリアの早期割引ってなに

レガシーキャリアの早期割引ってなに

高そうに見える飛行機代も、格安航空券を買うことで高速バスや鉄道、新幹線よりも安く乗ることが出来ます。
格安航空券と聞いて思い浮かぶのがLCCだという人もいるかもしれませんが、レガシーキャリア(ANAやJAL)でも、早く航空チケットを予約することでLCC並みの料金で飛行機に乗ることが出来るのです。

ANAの早期割引「旅得」

ANAが行っている早期割引を「旅得」と言い、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
具体的には「旅割75」「旅割55」「旅割45」「旅割28」「旅割21」があり、例えば旅割75の場合には搭乗日の75日以上前までに予約する必要があります。
航空チケットを買う場合、ピーク時であるかどうかや、時期などによって料金が変わりますが、例えば東京の羽田空港から札幌の千歳空港までのある時期の料金を比べみます。
まず片道普通運賃が約4万円です。
これが旅割75になると安い時で1万円前後にまで値段が下がります。
旅割55だと1万2000円ほどで、旅割21でも1万8000程度で乗れる場合もあります。
高値の時を考えたとしても、旅割21で3万3000円くらいですから、安くはなっています。
キャンセルの時の手数料ですが、搭乗日の55日前までなら払戻手数料(1区間430円)だけがかかります。
続いて54~45日前までが運賃の約30%、44日~28日前が運賃の約40%、27日~14日前が運賃の約50%、13日前~出発時刻前が運賃の約60%になっています。

JALの早期予約割引「先得」

JALの場合には名前が「先得」になっています。
日数もJALと似たようなものですが、それぞれ名前がウルトラ先得(75日前まで)、スーパー先得(55日前まで)、先得割引タイプB(45日前まで)、先得割引タイプA (28日前まで)となっています。
日にちが違うだけで数千円違うこともありますが、同じように東京(羽田)と札幌(新千歳)間の値段を比較してみます。
まず片道の普通運賃が約4万円です。
ウルトラ先得だと安い時の約7000円から約1万4000円まで幅があります。
スーパー先得では約1万1000円から1万4000円ほど、タイプB では約1万2000円~約1万5000円、タイプAが1万2000円~役1万5000円です。
ウルトラ先得になるにつれて、値段幅が大きくなるようです。
キャンセルについては、一律で運賃の約50%がかかります。
旅行代理店で購入する時のメリットやデメリットにも注意しておきたいですね。

微妙に違う値段とサービスを選ぶ

細かい料金であるとか、キャンセル料金のかかり方などが2社で微妙に異なりますから、状況に合わせて使い分けるといいでしょう。
ただし、予約変更が出来ない点はどちらも同じですから、スケジュール管理だけは気を付けてください。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 飛行機チケットを安く購入する方法とは?自分の状況に合わせた格安航空券を使おう! All Rights Reserved.