旅行代理店で格安航空券を買うメリットとデメリットは?

- 旅行代理店で格安航空券を買うメリットとデメリットは?

旅行代理店で格安航空券を買うメリットとデメリットは?

格安航空券というと、今ではとにかく安い航空券の事を指すことも多いですが、元々は旅行代理店が販売していた航空チケットだったようです。
もちろん今でも利用することが出来ますが、LCCや各社の割引チケットの登場で影が薄くなってしまいました。
そこで、旅行代理が販売する格安航空券の特徴についてお話します。

なぜ旅行代理店のチケットは安くなるのか

格安と謳っているわけですから、当然通常料金よりも安くなります。
その理由となるのが、大量仕入れです。
空港が発行する航空券の中には、旅行代理店がツアーのために購入するものが存在しています。
ツアーで使う為一定数は買うことになりますから、その分安く買うことが出来るわけです。
旅行代理店が格安として販売しているものは、ツアー用に買ったものをばらしています。
ある意味、空港で解散するツアーに参加しているわけですね。

旅行代理店で買うメリットとデメリット

料金面で見た場合、時期や客数などでも変わるとは思いますが、最大割引の正規割引航空券の方に軍配が上がるでしょう。
広告代理店で買う場合、閑散期だと非常に安くなるという話もあるため、それを狙ってみても良いとは思います。
旅行代理店を使う最大のメリットは、予約できる日数ではないでしょうか。
正規割引のメインにあげられるのが、早期予約割引で搭乗日の○○日前までに予約したら安くなりますというものです。
レガシーキャリアだと、75日前、55日前、45日前、28日前、(21日前)というのが基本になりますから、最大割引を目指すとするなら、2か月半前までにはスケジュールを決めておかなくてはいけません。
最大割引ではなくても、1か月前から3週間前までには予約しないといけない計算です。
ですが、旅行代理店を利用する場合、多くのところで10日前までの予約で割引が適応されます。
これにより、急な利用でもある程度は対応することが出来ます。
大きなデメリットとしては、当日空港に行って受付を済ませるまでは席が確定していない事です。
この辺りはツアー用の弊害になるのだと思いますが、2人以上で利用した際、席が離れる可能性が出てきます。

予定がなかなか確定しない時には利用してみても

申込期限に余裕がありますから、友達との調整が上手くできないとか、急に旅行に誘われたという場合でも対応できるのが強みです。
また、会社によっては複数人で申し込むと安くなることもありますから、一度旅行代理店の値段を調べてみてもいいかもしれませんね。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 飛行機チケットを安く購入する方法とは?自分の状況に合わせた格安航空券を使おう! All Rights Reserved.